FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライミングとヨセミテツアー(其の七)

2011年11月19日
そんな感じで徐々に更新ペースが落ちてきたけど、まったりと続けてきますです、ハイ。


【25日(火)快晴】

朝は前日と同じように6時起床で、パン屋で朝食と昼食をゲットして出発。
向かったエリアは、Happy Bouldersという、ビショップから30分前後の距離にあるエリアでした。

到着した23日の夕方に、このエリアは軽く下見だけしに来てたのでスムーズに駐車スペースに到着、大体着いたのが8時くらいだったかな?かな?

ちなみに駐車スペースには、バターミルクには無かった簡易トイレがありました。

ハッピーボルダー
14時くらいにはエリアを出発してヨセミテに戻る予定だったので、早速アプローチ開始!( ´∀`)

このエリアはバターミルクのような花崗岩ではなく、火山岩ということで俺は初めて触る岩質。
ちょっとwktkしてましたです、ハイ。

10分ほどトレイルをテクテク歩いてエリアに到着したので

ハッピーボルダー01
エリア全体を遠目からパチリ。

ハッピーボルダー05
岩の形状も見た感じ面白いというか、そこはかとなくグロテスクというか

ハッピーボルダー02
こんな珍しい形状の岩もありましたです。

ハッピーボルダー03
ポッケ全てが使えるわけではないし、穴の中に何かがいそうですw

ある程度トポを片手にエリアの奥の方に行って、登りながら駐車場に戻るような感じにしようと言う事になり、適当にアップした後は、Eちゃんが目を付けた課題★のV3課題「Brilliant Trees」からスタート!

Brilliant Trees
「Brilliant Trees」高くて怖そうな課題でした、ハイ。

Carrot Top
近くのFred Boulderで、★★★のV3課題「Carrot Top」を登ったTさん。

ちなみに師匠は、この日少々背中を痛めてたらしく最初の内は軽く身体を温める程度に留めてて、俺は狙っていた課題が駐車場の方だったので、最初のうちから疲れすぎないようにマッタリ登ってましたです。

そうこうしながら、向かった面白い形状をしたThe Flying Saucerというボルダーで一休み。

The Flying Saucer
徐々に復活してきた師匠が登った岩の上にみんなで行ってみると

ハッピーボルダーの上
凄まじくカッコ良い景色が絶賛展開中でした~!!

東京マフラー
バターミルクでは忘れるという致命的なミスをしたマフラーを師匠に掲げてもらいました(´∀`*)ウフフ

みんなで色々と写真を撮りつつ遊んで一休みしてたんだけど、ある時にふと沸いた一つの疑問。

あれ?
たしか駐車場からトレイルを登ってボルダーエリアに到着して・・・あれ?
ボルダーエリアは、両サイドが崖のようになってて・・・あれ?
その上に登ったら地平線のような光景が広がって・・・あれ?

ハッピーボルダーの上01
考えるほどわけが分からない地形なので、そのうちpinmanは考えるのをやめた。

そうこうしてるうちに時間も経ち、徐々に駐車場にも近づいてきたところで、俺が狙っていた課題★のV3課題「Monky Hang」に挑戦することになりました。
ルーフ部分というか、核心の一手が取れなくてキャッキャしてたら、師匠がサラッと一撃。

ちょっと今日は無理っぽいなぁ・・・ということで、核心の一手の後のトラバース~マントルをとりあえず繋げてこの課題は終了。

Monky Hang
というわけでマフラーと一緒にパチリ。

Fast Dance
師匠は近くの★のV9課題「Fast Dance」で遊んでました。

みんなでマッタリ遊んでたら、14時近くになってしまったので

ハッピーボルダー駐車スペース
明るい内にヨセミテに帰りたかったため、エリアから撤収となりました。

往路と違い寄り道もせずヨセミテに直帰したので、17時くらいにはキャンプ4に帰ってきたんだけど
「そういえば、しっかりエルキャプ見てないんじゃないかな?かな?」
という師匠の計らいにより、キャンプ4に向かう途中で一旦車を止めてエル・キャピタンの鑑賞、ホントにしっかり見たのは初めてでした。

エルキャプ
さすがに花崗岩の一枚岩として世界一の大きさは圧巻でした( ´∀`)

双眼鏡でクライマーをさがしていた師匠が一言
「トライしてるPTがいるね」
双眼鏡を覗きながら場所を教えてもらい探してみると、本当にサラテをトライしてるクライマーがいました!

とりあえず確認できたPTは3組。とりあえずサラテをトライしてるPTが分かりやすいと思うので紹介。
偶然にもこの頃は、サラテの初登頂50周年ということで、ビレッジやバレー等で少なからず盛り上がってましたね。

ヨセミテ 106
クリックして拡大。そんなに難しくないと思うので探してみて下さいな(´∀`)

ノーズ
ノーズだけど探すのはちょっと難しいです。こちらもクリックで拡大。

そんな感じでキャンプ4のテントに戻り、残りはまたテント生活という事になったんだけど、この時期はキャンプ4も空きがチラホラ出てきてて、来たばかりの頃と違い受付には「CAMP FULL」の代わりに、空いているキャンプエリアというか、使えるベアボックスが多かったような印象があったかな?かな?

帰国日の関係で、翌日にサンフランシスコに戻るため、お土産とか買いに行ってたEちゃんが戻って来てからは、ビショップには絶対にまた行ってしっかりボルダーやりたいねぇ~、なんていう思い出話を軽く飲みながらした後は、それなりに移動の疲れもあったので22時くらいに就寝。

後から振り返ると、この日は全員疲労がピークに近い状態になってて、みんな思ったよりも登れなかったかな?かな?という感じでした。
ヒヨッ子かつクライミングツアーなんて初めての俺には、毎日岩を触っていられる生活は本当に刺激的で形容し難い楽しさがあったんだけど、レストの重要さも何となく分かってきた気がする数日間でもありましたです、ハイ。

登るだけじゃなくて、しっかりと休む事によるパフォーマンスの向上みたいなものは、この日の午後と翌日がほぼレストになった事により、その後のクライミングで改めて実感する事になったのです( ´∀`)
関連記事
スポンサーサイト
Comment
No title
どーも。楽しく読ませていただいています。
は~ 楽しかったな。早く春にならないかな。戻りたい★
九州くるとき教えてくださいね~。 チャオ


>EmiTakaさん
色々とお疲れさまでした!
やらなきゃいけない事が多いのに、なかなか時間が割けない現実が・・・(´・ω・`)
九州行く時は連絡するので、フンザ行きましょ~!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。