スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩シコ先回り作戦と川崎戦

2009年05月25日
そんな感じで、昨日は川崎戦を見に行ってきましたよ、ハイ。

試合の前日に遡ると、川崎がオヒサルでエアツアーを敢行するというので、陸・海・空軍に分かれて、川崎ツアーの全てを先回りしてやろうという企画に便乗してきましたですw

以前は多摩川クラシコって言われても、気がついたらそうなってたものではなく作られたものだし、別に燃えるものはなかったんだけど、川崎が色んなネタ的なものを仕掛けてくるので、徐々に楽しみになってきたのが正直なクラシコに対する感想かな?かな?

ちなみに、各軍の大雑把な役割は
空軍=大島に前泊して早朝に到着する船を迎え撃つ。
海軍=竹芝桟橋から大島行きの船に先乗りして川崎サポを迎え撃つ。
陸軍=試合当日に調布飛行場で川崎サポを迎え撃つ
といった感じでした。

俺は海軍で参加したんだけど、22時発のフェリーに4人で乗って2人は横浜経由で大島へ、試合時間に間に合う飛行機がなかった俺とJさんは横浜まで行って見送ってくるという感じでした。
残念ながら大分遠征の時に調子が悪くなり、大阪遠征の時に完全に乙ってしまったデジカメがまだ入院中なので画像はないんで、想像力を働かせつつ読んでくださいな

横浜から帰る用のバイクを現地に置いてくるJさんに夕方にメットを預け、21時20分に海軍集合w
レインボーブリッジや東京タワーとかの夜景をマッタリと見たりしつつ、ゲーフラ等を掲げるタイミングや場所を入念にチェックしている俺達を、不審者を見るようにチラ見する同船していた圧倒的多数の釣り客からの視線とも戦いつつ、23時20分頃に横浜に到着!

川崎サポがいる事を確認した直後に、4人でゲーフらやLフラを掲げたら、乗船を待っている川崎サポの間から驚いたような話し声とかブーイングとかが聞こえてきたんだけど、ちょっと落ち着いた頃に「ありがとう~!」とか「J’sGOALに載るよ~」等の声も・・・ww

横浜までの乗船だった俺とJさん(当然ながら下船は2人のみw)が船から降りると、予想通りブーイングでのお出迎えを川崎サポからもらったんだけど、船から降りてこない2人は本当に大島まで行くんですか?等の質問や、先回りされてるとは思ってもいなかったけど来てくれてありがとうとか、これに関しては完全に負けましたww等の言葉をもらい、完全に東京の圧勝でしたね、ハイw

船が出港する時には川崎サポが紙テープで見送りしつつチャントを唄ってたので、こっちもチャントで対抗してたけど、人数の差(約30対4)の差はいかんともし難く、俺らの声は掻き消されてしまったんだけど、それを物珍しそうに眺めている釣り客の人達の図は、妙にシュールで面白かったですw
多摩シコ横浜出発
画像はイメージであり、実際の現場とはかなり異なります

船が出た後は、イルカの着ぐるみを着たフロントの人らしき人から、本当にありがとうございますとか言ってもらったり、見送りに来た人達とチョコチョコっと話をしたり、連絡が来た大島前泊組の空軍の隊長に大雑把な展開を報告したりしてたので、横浜を出発したのは0時を回ってて、家に帰ってきたのは1時前くらいだったかな?かな?

大島で前泊していた空軍の方の様子は、ブログで検索したら出てくると思いますです、ハイ。

翌日は雨も降ってたので、座席を確保するため調布飛行場で迎え撃つ陸軍には合流せずにソシオ列待機をして試合観戦。

前半は物凄く守備も安定してたから結構安心して見てられたんだけど、扇谷の超糞ジャッジに相当ムカついた事を差し置いても、2失点目が象徴するような東京の集中力の切れ方には、個人的には非常に不満があったかな?かな?

ブルーノの退場の笛ひとつで一気に流れが変わってしまったのは確かだし、一人退場になって逆転された状況だったら、残り時間を考えると最終ラインで回されててもカウンターを警戒して無理してボールを取りに行けない選手には相当なジレンマがあった事は想像に難しくはないけど、ケツに火がつく時間帯まで余りにも消極的になってしまった事は残念だったですね、ハイ。

試合終了してから選手が挨拶に来たときに拍手してる人も多かったと思うけど、あれで拍手とかして暖かく迎えてたら何か扇谷ジャッジに苦しんだ選手達に同情してるみたいな感じがしたんで、俺は一切拍手とかはしてないですね。

かといって試合終了と同時に帰るってほど不満満載な試合というわけでもないし・・・と、変なジレンマをじてたのは俺だけではないんじゃないかな?かな?

個人的には審判はスタジアムの雰囲気に負けてしまった場合を除いては、完全に中立を保つべきだと思うんだけど、そうではない審判が多すぎるというか80%以上が自身をコントロールできなかったり、ハイライト映像を考えて笛を吹くようなスタンスの審判が本当に多すぎると思いますね。

去年勝った等々力の時でも思ったけど、ストレスを感じさせるようなジャッジを率先して吹く審判は一刻も早く淘汰して欲しいですね、ハイ。
そうじゃないと、ブルーノが余りにも可哀想なんだモン・・・(´・ω・`)
関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。