FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺青とMRI

2015年04月10日
そんな感じで、暇つぶしの自分メモです。

去年の3月に事故にあった、というかぶつけられましたの。

ざっくり言うと、仕事の現場に入ろうとしてバイクの切り返しをしてたところ、バックしてきた車にぶつけられて過失割合は100:0で相手が悪い感じ。
翌日から腰が痛くなったので整形外科で治療・リハビリで通ったけど、事故2~3日後から出てきた坐骨神経痛のような症状が、ある時期から全く好転しなくなったので昨年の10月末で症状固定。

後遺障害申請は事前認定で非該当になったので、交通事故専門に扱う行政書士の先生相談した結果、正式に代理人として依頼し、後遺障害診断書の作成に必要な検査等を追加でしてもらい、腰のMRI検査をして頂くための紹介状を書いてもらったのです。
Read more "刺青とMRI"
スポンサーサイト

化物語と傷物語

2009年12月09日
そんな感じで東京のシーズンが終わってしまったので、暇潰し編なエントリーになりますです、ハイ。

俺の中では圧倒的に今年一番のヒットだった「化物語」なんだけど、TVでは「つばさキャット」シリーズの途中というなかなか気になる感じで終わって、残りはHPのみのweb配信というになりながらも、なかなか配信されてないので(様々な事情があるんでしょうね)、暇潰しとして化物語では見事なまでに触れてなかった主人公でもある阿良木暦(あららぎ こよみ)が怪異である吸血鬼と関わってしまった時の話「傷物語」の事を、化物語のOPと絡ませて書いてみようかと思いますです。

阿良木が完全な吸血鬼だった時の話、つまり化物語の基盤となる話なので、これから配信される「つばさキャット」のネタバレには直接影響はないけど、傷物語のネタバレは満載なので、傷物語を読み終えてない人や、これから読もうかと思ってる人は、面白さが半減するかもなので読まない事を推奨しますです。


ちなみに、ネタバレ満載とは言っても化物語のOPに映像として出てないトコは、原作をお楽しみに・・・って感じで、詳しいことは端折りながら流れだけを大雑把に書きます。

では「こよみヴァンプ」の開始!!

Read more "化物語と傷物語"

カバー曲と「スタンド・バイ・ミー」

2009年08月26日
そんな感じで、久しぶりに暇潰し編なエントリーです、ハイ。
暇潰し編は基本的にアニメ関係ばかりで埋まってたんだけど、今回は音楽の動画なのです( ´∀`)

先日行った鹿島戦ツアー用のipodに入れるアニソンを物色してた時の話になるんだけど、攻殻機動隊をはじめとした管野よう子関連とかを中心(あくまでも中心にww)に、まぁボチボチ集まったんですよ、えぇ。

そういったモノを物色してる時に、関連動画もチラチラ見てた時にふと「スタンド・バイ・ミー」の動画が目に留まったんです。
何で目に留まったのかって言ったら、再生回数が1300万以上だったから・・・っていう単純な理由なんだけど、「スタンド・バイ・ミー」は小学生の時に見て面白かったというか、色々と印象に残ってる映画だし、曲も好きなんで何となく見てみたんです、ハイ。

いや、ホントに「懐かしいなぁ~」って感じで軽く見るだけのつもりだったんだけど、世界各国のストリートミュージシャン(だと思う)がプレイしているのを徐々に重ねたりして、一つの曲に創り上げていく手法とプレイしているアーティストの姿が言葉にならないくらいカッコ良いし、何よりも終わった後に何かが胸にジワジワと込み上げてくるので、本気で泣きそうになりました(/∀\)

ちょっと重いかもしれないけど、百聞は一見にしかず・・・というわけで




ちなみに原作の小説では、(10年以上前に読んだから記憶が曖昧だけど)見つけた死体の取り合いをして追い払った不良グループから仕返しのリンチを受けたり、一緒に死体を探しに行った友人が亡くなっていったりと、映画のラストで軽く触れていた仲間の後日談等が淡々と(?)書かれているけど、映画よりも個々人の感情や葛藤が上手く表現されてたので、個人的には映画よりも小説の方が好きだったかな?かな?


これを見て、また映画か小説を見てみようかなぁ・・・なんて思ってしまうくらい素晴らしい動画でした( ´∀`)

レースと伏線

2009年01月29日
そんな感じで、またもや俺のお気に入りのアニメ「ライドバック」の事を書いちゃいますです、ハイ。

ライドバック第3話01GGPのお偉いさんが来日するというニュースを意味深な顔で見つめるライドバック部顧問の岡倉さん。

ライドバック第3話02ライドバックに乗ってみるけど、操作が上手く出来ずにコケる眼鏡っ子を尻目に、琳に練習を頑張ったご褒美としてグローブをプレゼントする珠代姉さんは、やっぱりツンデレですね、ハイw
どんな練習をしてたかは描かれてないけど、珠代姉さんだけにドSな特訓だったんだろうな・・・。

ライドバック第3話03というわけで選手権当日は、レギュレーションの関係で前回、前々回と琳が乗っていたフェーゴではなく、バロンというマシンに乗って参加してみるものの、好調な珠代姉さんに比べて、他の参加者から煽られたり怒鳴られたりしてしまう琳。

ライドバック第3話04テスト走行が終わって琳の走りが気に入らなかったらしく問いただすツンデレ珠代姉さんに琳は
「ハンドルに引っ張られるような感じで、思うように曲がってくれない」と申し訳なさそうに返答。

ライドバック第3話05予選に入って、琳を煽ったりしていたライドバック界のヘビ次、ネコ次ことコブラ兄弟に、予選トップ通過したドSツンデレ姉さんが仕返しをする一方で、琳は思うようにタイムが伸びず17位で本選に望むことになり申し候。
ちなみに、ライドバックの選手権はサーキットだけではなく、山の中も走るみたいですね、ハイ。

ライドバック第3話06選手権の様子を授業中に盗み見するライドバック大好きな琳の弟と、来日したGGPのお偉いさんと話をする警察のエリート官僚でもある珠代姉さんの兄。
治安維持としてのライドバックの話が多く語られて、今後重要になりそうな話もチラホラ・・・。

ライドバック第3話07メカニックが琳の乗るバロンをフェーゴに近づけるために、安全装置的なものを外すという賭けに出る一方で、レース開始前の琳を見て、眼鏡っ子は落ち込んでいると心配するけど、友人のしょう子たんはステージ前と一緒で、集中しているだけだと一言。
さすがは親友という感じですね、ハイ。

ライドバック第3話08レース開始直後から仕掛けてくるヘビ次とネコ次のコンビを軽くいなしつつトップをキープしていた珠代姉さんが、ネコ次の体当たりアシストを喰らいヘビ次がトップに立つも、華麗に珠代姉さんは復活!
リミッターが解除されスーパードSモードに入ってしまった珠代姉さん、超Koeeeeeeeeee!!!!

ライドバック第3話09一方スタートで出遅れてしまった琳は、安全装置が外された事が功を奏し、順調に順位を上げていくけど、最終ラップで4位に上がるけどエンジンが焼け付いてしまいリタイヤ。
ツンデレ珠代姉さんは「勝負は来年に持ち越しね・・・」と、残念そうに一言。
姉さんが勝負に勝ったら琳が下僕になるという約束は、もうどうでもいいんですねww

ライドバック第3話10ヘビ次に競り勝ち連覇を成し遂げた珠代姉さんの祝勝会が行われている時、フェーゴに乗って走ってた琳に初回ラストで見せたジャンプについて質問した岡倉顧問に対し、フェーゴの事を信じられたからと琳は返答し、走り出して今回は終わり。
やっぱり琳はフェーゴが好きなんだなぁ・・・なんて思ってしまうラストシーンは見てて気持ちよかったかな?・・・かな?

今回もライドバックについて掘り下げた説明が、レースならではの雰囲気と絡めてされてあったり、今後の展開の伏線を張ってあったりと、本当に良いバランスでライドバックの二つの側面を描いてくれるので、かなり面白かったですね、ハイ。

回を追うごとにライドバックの軍事的な側面も徐々に出てるんだけど、GGPのライドバック部隊で英雄になった日本人とは岡倉さんなんじゃないかな?・・・かな?
なんて連想するような事も、話の中にあったりしたんで、琳や珠代姉さんと珠代姉さんの父親や兄がリンクする時に岡倉さんがどう絡むか、なんて事も楽しみになりましたです、ハイ。

ライドバックレースと転倒

2009年01月22日
そんな感じで、またもや暇潰し編になりますです、ハイ。

こないだあったアジアアップ予選はスルーしといて、俺が今期の新作で最も期待しているアニメ「RIDEBACK」の事を、またしても書いちゃおうかな?・・・かな?

とりあえず、キャプったシーンが多かったので、画像はまとめるようにしましたですw

ライドバック 第二話最初はテロ対策のニュースにだとか、治安維持用の白ライドバックがどうとか、ライドバック部の部長である珠代姉さんの事など、今後の展開の伏線になるであろう話があって

ライドバック2話02例の眼鏡っ子から、前回のラストのジャンプにシビれたと言われたり、ライドバック部から入部の勧誘を受ける琳。
琳の友人は、暴走するマシンに乗せた事を怒ってますw

ライドバック2話03またマシンを見に行った琳は、部長の珠代姉さんから、ハンデ付きのレースの勝負を申し込まれるけど、勝ったら好きな時にライドバックに乗ってよし、負けたら下僕というドSな条件を提示したこの姉さんは全日本で優勝した兵らしいです。

ライドバック2話04勝負を受けたとは口には出さないけど、乗った時のドキドキ感が忘れられないらしく、調べたりしてやる気満々の琳。

ライドバック2話05やっぱり勝負に来た琳を見て、ちょっと嬉しそうな珠代姉さんは、どうやらツンデレのようですw

ライドバック2話06レースの説明を受けた後に軽く流してる時に友人も見に来て、なぜかチアリーダーの格好をして応援に来た眼鏡っ子の合図でレース開始!

ライドバック2話07珠代姉さんについていこうとしたら転倒して池にダイブしてしまった琳を見て、珠代姉さんは「やっぱり私の見込んだとおりだわ」とニヤリ。どんだけSなんすか・・・

ライドバック2話08「まだだ、まだ終わらんよ」と復活した琳を見て、またもや嬉しそうな珠代姉さんは、かなりのツンデレのようですね、ハイw

ライドバック2話09心配する珠代姉さんを尻目に、バレエ的なジャンプで見事にクリアする琳。
思わず「ぅおおおぉぉ!!」って言っちゃったこのシーンが、今回のハイライトかな?・・・かな?

ライドバック2話10突如車道に飛び出してきたぬこを避けようとして転倒してしまう珠代姉さんが気を失ってしまい、レースは決着がつかないまま終了。

ライドバック2話11軽い脳震盪という事で、たいした事がなかった珠代姉さんは、琳を選手権に
エントリーさせ、そこでもう一度勝負と言いつつ、明日からみっちり鍛えるから覚悟しなさいよ、と一言。どうやら極度のツンデレのようですw

眼鏡っ子はライドバック部に入部した事、ライドバックに乗って走ってる姿は似合ってたと友人に言われて、琳もまんざらでもないようでしたね、ハイ。

とりあえず今回は、レースの疾走感を出しつつライドバックの基本的な扱い方、それに加えた仕様や性能等の説明と、ライドバックには乗り物としてだけではなく兵器としての側面がある事にも軽く触れてたので、琳がライドバックを本格的に扱えるようになったら、そういった面が表に出てくるんじゃないかな?・・・かな?
なんて事も考えちゃうけど、今回も文句なしに面白かったですね、ハイ。

ハッキリ言ってオススメでありますです、ハイ。
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。