FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバイルゲームとGoogleアカウント不正使用

2013年12月22日
そんな感じで、ただのメモ的な更新です。


セガの運営している「チェインクロニクル」とうモバイルゲームでのアイテム「精霊石45個(3000円)」が11回購入され、その手続き完了メールが起きたら届いていた、というのが概要。
メール内容とかも貼るので少々長くなるので、FBのノートで書いたんだけど、同じような事は起こりうるので、何かの参考になれば幸いだと思い、ここに転載してみますです。


では開始。
Read more "モバイルゲームとGoogleアカウント不正使用"
スポンサーサイト

統一地方選と私見

2011年04月08日
そんな感じで、いつもながら久しぶりになるエントリーです、ハイ。

先月に起きた東北東日本大震災は、無策な政府と東電により人災へと形を変えつつありますが、犠牲にあわれた方々のご冥福と、一日も早い復興を強く願うと共に、現地で必死の活動をしている自衛隊の皆様に心からの敬意を表します。

そんな中で統一地方選挙が行われるんだけど、いい加減に日本人も目を覚ましたんじゃないかと思いつつ、東京在住の俺は都知事選の事について触れさせてもらおうかと思いまつ。

まずは、東京都青少年育成条例の一件以来、ネット上に現在進行形で溢れている石原候補叩き。
発言の一部分を抜き出し、人格を否定し石原都政が悪であるかのように叩くという手法はもうヒステリックというか、メディアの麻生叩きとよく似ている気がして正直言って気持ち悪いレベルに達しつつある、というか達してる気がしますね。

俺は石原都知事に関しては概ね支持、特にディーゼル規制、日教組や朝鮮総連関係に対するブレない態度は非常に高く評価してるけど、五輪招致に固執してた事に対しては不支持。
都条例に関しては気持ちは分かるけど、反対派の説得力のある弁を聞いた覚えがない。しかしそれ以上に推進派にフェミ系や胡散臭い人権団体が名を連ねているので・・・ね?というスタンス。

とまぁ、そんな俺から見てみると、反石原の流れは
今回の都知事選は、いかに石原再選を阻止するか
なんていうスタンスに見えてしまうんです。

石原都知事のココは評価するけど、ココは評価できない、といった意見を少なくとも俺は見てなくて、もうひたすら反石原、老害を巻き散らず石原は失せろ去ねよのみで、誰をどういう理由で支持しているかを表明している人はほぼ皆無というのが現状なんじゃないかと思うわけです、ハイ。

俺のリアルな知り合いにも反石原は結構いるけど、「こういった部分が石原候補よりも優れていて支持できるから△候補に投票する」という事をロジカルに言える人はいなくて、揃いも揃って見事に石原候補を落選させる事だけしか考えてないかのような短絡ネガキャン要員ばかりという現状・・・。

まさに全否定!爪を切る姿すら許さないといったテンションで、一部分でも評価する奴は工作員認定的な全体主義の様相を呈しているんだけど、それは裏を返せば積極的に支持できる候補がいないか、政治に興味がないかどちらかの傾向が強いように思えるんだけど、日本人の政に対する無関心さ具合というか、理念のなさ具合が根っこにあるような気がしますです、ハイ。

要するに、政に興味がない人間は政策や理念ではなくイメージで候補者を選ぶ人が多いので、候補側も自身の政治理念や信条を知ってもらうよりも、名前を覚えてもらう方に力を注ぐ・・・っていう悪循環に加えてメディアのイメージ操作も随所に出てくるので、笑顔で良い人アピールする写真が何と多い事か・・・(´・ω・`)

俺が政治家に対して必要なイメージは、大雑把に言えばこの候補は信頼できるかどうかに尽きますです。
爽やかな笑顔で良い人アピールする前に政治家としての決意ある顔を見せろ、っていつも思うんだけど、正直言って今回の候補者一覧を見る限りでは、積極的に支持できる候補はいなくて、消去法で選ぶというスタンスになりそうですね、ハイ。

というわけで、軽く気になった候補に対する観想をサラッと・・・

石原慎太郎候補
上記の通り個人的には概ね支持するが、もう一期となると正直疑問符がつくかなぁ・・。
言動が色々と波紋を呼ぶこともあるが、批判に屈しないブレない姿は好き嫌い別に評価の基準になると思う。

東国原英夫候補
宮崎知事時代の、政府の協力を得られない状態で口蹄疫に対処した姿は素晴らしい。
出来れば注目が落ち着いた状態での県政が見たかったので、もう一期やってほしかった。

わたなべ美樹候補
財政における当候補の期待度は大きいが、全てにおいて未知数という印象。
基本的な理念等には、個人的に共感できる部分が多々ありまつ。

ふるかわ圭吾候補
特亜から来る外国人に対する理念や思想は素晴らしく非常に共感できる。
しかし、それを実現させるビジョンが見えないのが残念

谷山ゆうじろう
全てが理想論のみであり、松岡修造には遠く及ばない。

マック赤坂
ネタ的な泡沫候補としては及第点。
欲を言えば参院選等に出馬せず、今回彗星のように登場して欲しかった。


と、そんな感じですかね?

正直言ってまだ誰に投票するかは決めてないけど
元杉並区長の日本創新党党首の山田 宏氏が出馬してたら迷わなかったと思うのは俺だけかな?かな?

いい加減に、候補者を消極的支持で選ばざるを得ない選挙は止めて欲しいし、その時々によって争点がメディアによって操作される、しかも最重要課題ではない事に。ってのももうね・・・って感じですかね、ハイ。

とりあえず、俺は投票までの2日間じっくり考えますです、ハイ。

売国法案と千載一遇のチャンス

2009年02月06日
そんな感じで、今回はちょっと真面目な話です、ハイ。

映画「南京の真実」が発表された時に知り合って以来、色々とお世話になっている南京Pediaさんから連絡が来たので、今日書こうと思っていたライドバックの事は置いといて、簡単に紹介させてもらいますです。

千載一遇のチャンス (水間政憲) 2009-02-06 01:28:26

郵政民営化の白紙撤回は、 国籍法改悪阻止行動に比べられないくらい難しいです。
しかし、郵貯を乗っ取っろうとしていた外資系金融資本が、瀕死の状況の今がチャンスです。
それが実施できなければ、比較的余力のある中国政府系ファンドの手に落ちる可能性があります。それは、日本の国益に取って最悪の結果になります。

それを阻止させるには、「 簡保の宿」の疑惑を弾け飛ばせ、世論を味方に付けることです。
その為には、 週刊新潮に継続して、徹底的に「 簡保の宿」の闇を追求してもらうことです。 週刊新潮に「 簡保の宿」の特集で購入したことをFAXで報告することです。また、 鳩山邦夫総務大臣に応援FAXを出すことも必要です。

売国法案推進派は、殆どが国家構造解体派(構造改革派)と重複しています。

国籍法改悪阻止のときのように、国内外から 国会議員にFAX要請できれば、反日勢力を一掃できる可能性があります。

皆様、国家構造解体派は、最終的に 皇室を廃止しょうとしていたことを記憶していることでしょう。
そのときの怒りをエネルギーに結集できれば、郵政民営化白紙撤回も可能です。
賛同して頂ける方は、丸坊主日記に賛同コメントを書き込んで下さい。

ネットだけ転載フリー
ジャーナリスト・水間政憲

有志が集う丸坊主日記ブログ http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/
国益UP新着メール http://groups.yahoo.co.jp/group/kokuekiup/
FreeJapan 水間政憲の国益最前線 http://www.freejapan.info/

この転載元のエントリーを書いた水間政憲氏は、国籍法改正案の事と危険性を真っ先に広めた事も記憶に新しい本当のジャーナリストで、現在も様々な側面から国益に対する分析をし、現在の情報戦争を日本が生き抜くための効果的な作戦を提示してくれる方でもあります。


続き
http://www.youtube.com/watch?v=VIyqySjcYtY
続き その2
http://www.youtube.com/watch?v=E0E58EsYw6g


緊急拡散「歴史の天王山」 (水間政憲)2009-02-06 03:50:35

賛同コメント有り難うございます。
麻生首相が、「郵政民営化の見直し」を決意したことは命懸けの決断です。

それは、日本解体改革を断固阻止する決死の行動だからです。我々は、麻生首相を断固支持する意志を、行動で示すときがきました。歴史は、インターネットと既存メディアが、総力戦で戦った天王山と刻むことになると思われます。

そこでお願いがあります。麻生首相がいま一番皆様の支援を欲しているのは、「郵政民営化見直し」への賛同です。バレンタインカードを「郵政民営化見直し断固支持」のFAXに変えて頂けましたら幸いです。
そして、「郵政民営化見直し断固支持」の手紙並びにFAXは、紀元節(2月11日)から集中できれと思っております。

ただ、紀元節 前のFAX要請は、自民党各派閥の会長と事務総長、そして衆院総務委員会の各委員に、「郵政民営化見直し断固支持」のFAX要請をすることだけは必要と思っております。

それ以外は、FAX番号などの整理などなど準備することが大事です。
テレ朝 の放送法 違反は、歴史議連 と連携して結果が出るようにしますので、「郵政民営化見直し断固支持」の要請先(各郵便局)などのリストアップもしていて下さい。

どうぞ宜しく。ネットだけ転載フリー
ジャーナリスト・水間政憲

郵便貯金の民営化は白紙撤回 (水間政憲) 2009-02-05 07:38:33

予想通り 簡保の宿は、一番入札が オリックスでなかったようです。今日発売の 週刊新潮がスクープしてます。
郵便貯金は、外国資本へ 簡保の宿と同じように叩き売ってはいけない。
極端な表現をすれば、 郵便貯金を完全民営化することは、自衛戦争の資金調達ができず、独自に日本の安全を護れなくなってしまうのです。

国益のためには、 郵便貯金の民営化を白紙撤回するのがベストです。 国籍法改悪と同じように国家解体の一里塚なのです。

テレ朝を放送法で告発できる証拠は、 歴史議連が最終審議して、 中山成彬会長の判断で 総務省へ申請することになるでしょう。

ネットだけ転載フリー。
ジャーナリスト・水間政憲

国籍法改正案阻止運動の時に、FAXの方がメールよりも効果があることを実感した人も少なくないと思うので、自分の子供や孫に日本人として生まれて良かったと思って欲しい人、日本のために働く国会議員が増えて欲しいと思う人は、是非とも協力して欲しいです、ハイ。

歌曲と詩

2008年11月28日
そんな感じで、昨日は知り合いのイベントのお手伝いをしてきましたよ、ハイ。

某保守系の知り合いのOさんが主催している「歌曲と詩を唄う」というイベントがあって、ビデオ撮影関係を手伝って欲しいという事だったので快諾し、行ってきた感じです。
このOさんは、拉致関係の運動の時に知り合って、奥さんが梅沢隊長の後輩にあたる方なので、沖縄戦に関する運動を主にやってるんだけど、釜本が現役の頃から見ているというサッカーファンでもあり、俺が応援してるというので最近は東京(赤嶺と長友がお気に入りみたい)も贔屓にしてくれてる方ですw

イベントは、基本的に二胡や三線や神楽笛等の楽器による民謡を中心としたライブって感じで、こういう音楽にはほとんど触れる機会のなかった俺にとっては、かなり面白いイベントでしたね。

三線による大和の歌詠み
左の女性が演奏してるのが三線です

二胡と神楽笛
二胡と神楽笛のコラボ(かなり味があって面白かったです、ハイ)

神楽笛と二胡の演奏は、mixiの動画にマイミク限定でupしとくので、興味がある方は見てくださいな。
http://video.mixi.jp/list_video.pl

二胡
ちょっと見難いけど、二胡を撮らせてもらいましたです、ハイ。

イベントが終わってから二胡奏者の方と少し話して、ちょっとだけいじらせてもらったんだけど、30分くらい練習したら「キラキラ星」くらいは出来るようになるとか・・・。
「ハレ晴れユカイが演奏出来ようになるのは、どれくらいかかるんですか?」
なんて事は、とてもじゃないけど聞けなかったので、「枯葉が演奏(ry」という感じで聞いてみたりしましたですw

ちなみに、今回東京都議会議員の古賀俊昭先生(知ってる人は知ってますね)も一曲唄ったり「南京の真実」の監督でもあるチャンネル桜代表の水島聡氏も、映画についてのいろんな話をしてくれたりして、それもまたかなり面白く勉強になりましたです、ハイ。

ちなみに、今日の深夜に放送する朝まで生テレビの「田母神問題(呆)と自衛隊」というテーマに水島氏が出演されるらしく、ほとんど話す機会を与えられないんじゃないかと心配して、テレ朝側に確認したら「大丈夫です」との返答だったみたいだけど、何かあればすぐに現場で起きていた事を発信すると言われていたので、ちょっと楽しみにしとりますです。

他にも色々と面白い事があったけど、書いていいラインと書くべきではないラインが曖昧なので、簡単にまとめたエントリーにさせてもらったけど、エントリーの最後に、今回のイベントで最初に挨拶をした主催者でもあるOさんの言った言葉を簡単に箇条書きにして紹介させてもらいますです。

・戦後教育などの影響もあるが、民謡などを本気でやっているのは沖縄くらいになった。
・若い世代を馬鹿にしてはいけない。本気で学ぼうとしてる彼らは本土ではなく沖縄で学ぶ。
 なぜなら、本気でやっているかどうかくらい彼らは簡単に見抜くからだ。
・それを受け継ぐかどうかは若い世代の判断に任せるしかないが、自分達の世代は伝えなくてはならないし、その努力を惜しんではいけない。
・こういう日本独特の音楽を若い世代が聞く機会を、我々の世代は出来る限り設けないといけない。

という感じで、昨日は「日本の文化とはなんぞや??」なんて事を色々と考えるいい機会になりましたです、押忍!

聖火リレーと長野遠征

2008年04月28日
そんな感じで週末は長野に行ってきましたよ、ハイ。

一応mixiの方で、軽くリアルタイムに書いてたんだけど、まとめとこうかな?・・・かな?
なんて思ったんで、軽くエントリーとして扱いまっすぅ。

とりあえず、金曜の夜に同士のFさんと2人で新幹線で出発して上田駅(新幹線だと長野の1個手前)で一泊して、始発で長野に向かうという予定だったんだけど、家を出る直前に母者から、兄者に女の子が生まれたとのメール!!!
俺にとっては初めての姪だし、両親にとっては初孫なんでとても嬉しいんだけど、向かう場所が場所なんで少々複雑な気分だったりしたんだけど、気合を入れなおしてFさんと合流したら、いきなり東京駅構内で職質!!

職質は結構慣れてるんだけど、ポケットやリュックの中から財布の中までガッツリ調べられて、警察も多少ピリピリしてるんだなぁ・・・なんて思ってたら、10分も経たないうちに今度は私服警官から職質・・・_| ̄|○

ちょっと凹んだんだけど、俺は何処かの人達みたいに差別だなんて全く思わなかったですね、ハイ。
だって、後ろめたい事なんて全くないんだモン。
調べるならどうぞ~という感じで、終わったら「お疲れさまです!」と一言だけ言って新幹線乗車!

23時半くらいに上田駅に到着して、軽く酒を飲みつつ少々真面目な話をして1時半くらいに就寝。

そして5時半の始発で長野に向かって出発したんだけど、上田駅にも結構な人がいましたです。
上田駅構内


で、6時過ぎに長野駅に到着した瞬間に拡声器の声が、バスターミナルの奥から聞こえてきたので
長野駅到着

長野駅前6:15頃
そっちの方に向かったら、既にチベットや東トルキスタン国旗から支那国旗までが入り乱れるカオスと化しておりましたです、ハイ。

写真では100分の1くらいしか現地の雰囲気が出てないけど、押し合いというか揉み合いのような事もチョコチョコと起こってたけど、ほとんどが記者に囲まれてて何が起こってるかイマイチ理解できないのがほとんどだったかな?・・・かな?

とりあえず地理の分かるFさんの後を付いていって善光寺に向かったんだけど、その途中に支那人達集団がいて、歩道の右から例のコールを受けて、軽くテンションが上がって来たので、2人とも持参した旗を広げて、思いっきり睨みつけて直進したら、ちゃんと道を開けてくれましたww

一応断っておくけど、俺とFさんは支那人から危害を加えられていないというだけで、長野に動員された支那人達は友好的だったなんて花畑的な感想は全くないです。
むしろ、日本国旗を赤旗と一緒に振ってチャイナコールをしている支那人達に対して、非常にムカつきましたね、ハイ。

Fさんは、「日本語喋れよ、ボケ!」とか言ってて、遠くの方で軽くキレてる奴はいたみたいだけど、2人とも身体的危害は一切ナシで善光寺に到着。
軽くお参りをしてから、2ちゃんのオフ会の集合場所に行ってみて、そこに集まった人達と合流して再び出発したんだけど、下りたあたりの交差点(リレーの通過場所)に着いた瞬間にバモ合戦に巻き込まれてFさん以外全員見失いましたです。

ちなみに、その場所は交差点を挟んでとか、沿道を挟んでとかいったレベルじゃなくて、完全に入り乱れてて、誰かが隣で赤旗や五輪旗を振ってれば、誰かが後ろでチベット旗を振ってるというカオス状態で、火種がポンと投げ込まれたら一気に引火して爆発しそうな、文字通り「一触即発」の状態だったかな?・・・かな?

7時前からずっとバモ合戦が続いてて喉が乾いてきたので、ドリンクを買ってリレーが通る沿道に移動。
善光寺付近沿道

道路を見てもらえば分かるように、交差点はリレーの進路以外は人の波で完全に埋め尽くされてて、数で言えば支那側がかなり多かったけど、結構互角のバモ合戦を繰り広げてましたです、ハイ。

聖火が通った時は、警備の群れで白人っぽい人が走ってたような気がするだけで、誰が走ってたのか全く分からず・・・_| ̄|○
ちなみに、警官も誰が通るのか通達がなかったみたいですね、ハイ。

その後はリレーの通る他のポイントに向かったんだけど、向かうまでの道も通過ポイントもカオス状態で、トーチっぽいのを持った女性の後姿だけ把握するのが精一杯という感じだったかな?・・・かな?
この辺りでは、もう何が何だか分かんない感じで、チベット国旗から赤旗から入り混じってカオスの一言。

ちなみに、この辺りでは携帯の充電切れにも見舞われ、写真は取れませんでした_| ̄|○

その後は、Fさんの誘導で若里公園に行く最短距離を通ってて、途中で何人かの支那人と遭遇したけど、ウチらは全く危害は加えられなかったし、挑発的な事も一切されなかったです、ハイ。

カオス度数と警官の数が増えている長野駅前を通過して、11時くらいに若里公園に到着したんだけど、リレーの通過する場所と式典会場は完全に支那に占拠されていて、こっち側は出島に隔離状態。
隔離された場所は、14時から集会を行う許可を取ってある場所だったらしいんで、警備する側からすると、ここにチベット支持派を集めてしまえば余計な衝突を回避する事ができるんで、格好の場所だったみたいですね、ハイ。

実際に警官から聞いた話だと、「日本人は怒りを飲み込んで指示に従ってくれるけど、支那人は暴徒と化すので、混乱を回避し日本人の安全を確保するにはこっち側に我慢してもらうしかない」と言ってたし、「そういう警備」をするように上から言われてるんだろうな・・・と理解できたけど、それ以上にこの聖火リレーは、日本人のために行われているのではない事がハッキリと理解できましたです、ハイ。

日本メディアがどんな報道をしていたかは、たまにメールや電話で連絡をくれた何人かの友人が教えてくれたんで大体分かるけど、出島に完全に隔離され、何が行われているのか分からないまま、気持ち悪いくらいの量の赤い旗がひしめく式典会場を見ながらも、チベット支援派は11時くらいから2時間以上ず~~~~~~~っと雨の中、式典が終わって動員された支那人達が帰りだしていても、「フリーチベット!」とか、「ストップ・キリング(ジェノサイド)・イン・チベット!」と叫んでいた事だけは、紛れもない事実です、ハイ。
若里公園


その後は、お寺関係のカメラマンをやっている(?)Iさんと合流し、善光寺付近にある小菅亭に移動して、東京サポらしくご当地のんまいモンを食べてきましたです、ハイ。
小菅亭のつまみ

馬刺しや鴨焼きに天ぷら等のつまみ
鳥南そば

長野の定番そば(これは鳥南そば)

そして、長野に行ってるときに心配をして電話やメールをくれたみなさん、ありがとうございまっすぅ!
てか、逮捕される心配をする人大過ぎwww

オマケというかお礼として、教えてもらった画像を2つリンクしちゃいますです、ハイ。
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/a/4/a456fd74.jpg
「SAVE TIBET NETWORK」より本記事はコチラ

分かる人は分かりますね、ハイw


ホントは、このエントリーは昨日上げようと思ってたんだけど、昨日は日比谷公会堂で「拉致被害者救出国民大集会」が行われて、運営ボランティアとして参加してきたんで、エントリーを上げるのが今日になってしまいましたです。

あまり詳しく書かない方がいいと思うので書かないけど、結構な大役を任せてもらい緊張しつつも、沢山の人が来場するなか、何とか無事に終わらせる事が出来て、ちょっとホッとしてますですw

北朝鮮による日本人拉致は深刻かつ重大な人権問題だし、絶対に風化させてはいけない国家主権に関わる問題でもあるので、日本人はチベットだけではなく拉致問題にも、もっともっと関心を持って政府の背中を押さないと、家族会のみなさんの悲願である「拉致被害者全員救出祝賀国民大集会」が開催できないんで、「チベットに自由を!」と長野でコールしていた人達も、「拉致被害者達の帰国を!」とガンガン声を出して欲しいです、ハイ。



軽くエントリーとして・・・なんて書いておきながら、結構な長文になっちゃったけど、最後まで読んでくれた人、どうもありがとうございまっすぅ!!
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。